『PRIMUS(プリムス)2245ランタン』レビュー。おすすめの定番ランタンでテーブル周りを明るくオシャレに!

2020年9月1日

どうも、写真をるのが下手なので高性能なカメラを入手して誤魔化せないか企み中のカノカン(@shinjuku-camper)です。

今回私がご紹介したいのは『PEIMUS(プリムス)2245ランタン』です。

このガスランタンは、キャンプを始めた当初から使っている私のお気に入りで、いまいちフィーチャーされていませんが、私的には超おススメしたいランタンになります。

『PRIMUS(プリムス)2245ランタン』基本情報

照度約370ルクス(Tガス使用時)
ガス消費量30g/h
燃焼時間約8時間(250缶使用時)
本体サイズ8.3×8.3×12.7cm
本体重量200g

詳しくはこちら公式サイトから
マントルの取り付け方も動画で紹介されています。

『PRIMUS(プリムス)2245ランタン』レビュー

それでは実際に見ていきましょう。

こちらがケースになります。

プラスチック製で結構しっかりとした作りになっています。

黒に赤い蓋が映えますね。

中敷きにクッションがあり、本体を守ってくれます。

ランタンは隙間なく収納できるので、振ってもカタカタ音はしません。

こちらがランタン本体です。

コンパクトで軽量です。

可愛いですね。

ガス缶に取り付ける場合は、金具とガス缶を合わせてから、回して締めるだけです。

簡単ですね。

点火方法

ノズルをプラスの方にゆっくり回すと、スーーとガスが出る音がします。

黒いスイッチをカチャっと押すと、ボワッと点火します。

1回で付かなければ2,3回カチャカチャすればボワッと点火します。

点火成功。

これまた簡単ですね。

小さい割に明るいです。

メインランタンとしては厳しいですが、サブランタンとして大活躍してくれます。

テーブルに置くと丁度いい光で、LEDランタンでは出せない雰囲気があります。

焚き火の時や 料理の時に、手元を照らす明かりとしても活躍できます。

テーブル周りに置く場合、ホヤや天板部分は熱くなるので小さいお子さんがいる時は注意が必要です。

消火する時は、ノズルをマイナスの方に回して完全に締めれば、ガスが止まり自然と消えていきます。

吊す様にワイヤーが付いていて、先端のフックを引っ掛ければ吊るせます。

こんな感じですね~。

使わない時は、ワイヤーを首元に巻き付けておけば邪魔になることはありません。

実際のキャンプで使用した様子

実際にキャンプで使用した時の写真です。

十分な明るさがあり、手元足元を照らすのに最適です。

音も非常に静かでほとんど聞こえません。

また、天板部分にシェラカップを乗せると保温してくれます。

購入して5年近く愛用してますが、ノーメンテでも全く問題無く使えています。(本当はした方がいいですね)

マントルも購入してから一度も取り換えていません。

耐久性ありますよねぇ。

おわりに

今回は私が超おすすめする『PRIMUS(プリムス)2245ランタン』のご紹介でした。

テーブル周りをちょっと明るく、オシャレにしたい方、購入を検討してみてはいかがでしょうか。これまた買って損はないキャンプギアであります。

そろそろ鼻に跡が付かないメガネほしいですよね?

それではまた~。

ノーマルタイプガス。温暖な時期や低地での使用に適した一般用ガスです。

特殊繊維の内張で気化促進効果の高いテクノロジーガス。オールシーズンで使用可能です。

オススメ記事
「Luminoodle(ルミヌードル)」のLEDライトが想像以上に良かった件!

続きを見る

オススメ記事
LEDランタン『ジェントス』と『ルーメナー7』キャンプのお供にどちらを選択するか?

続きを見る

 

 

 

ランキングに参加しています。
この記事が面白かった!参考になった!と思って頂けたら下記の応援クリックをよろしくお願いします。クリックして頂くだけで投票されます。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

TwitterやInstagramもお気軽にフォローして下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      Instagram

 

 

-ランタン、照明, キャンプギア