「Luminoodle(ルミヌードル)」のLEDライトが想像以上に良かった件!

2020年8月28日

どうも、最近入浴剤を爆買いしたカノカン(@shinjuku camper)です。

前回のキャンプの時に初実装したルミムードル、あまり期待せずお遊び程度で購入したんですが、想像以上に良かったので紹介します。

ルミヌードルとは簡単に言うと、完全防水のロープ型LEDライトです。

『Luminoodle(ルミヌードル)』の基本情報

私が購入したタイプはこちらになります。

長さ3.0m
明るさ360ルーメン
重さ200g
電球色暖色(2700k)
付属品タイ4本、マグネット5個、ナイロンバッグ
給電方法USB typeA リバーシブル
消費電力5w(5v 1A)
点灯時間6,8時間*

*10,000mAhのバッテリー使用時。バッテリーの容量により点灯時間は異なります。

『Luminoodle(ルミヌードル)』レビュー

内容物はこちら

  • 本体
  • タイ(本体を固定する物)
  • ポーチ

の3点です。

ルミヌードル本体の素材はゴムです。

軽量ですが、細かい事を言うとホコリが付きやすく、落ちにくいです。

まぁ気にならない人は全く気にならないでしょう。

使い方は簡単!

特別な事は何もありません。片方の先のUSBにバッテリーを繋げるだけで電気が付きます。

反対側の先は紐がついていて引っ掛けられるようになっています

マグネットで付き

スライド式のマグネットが5個ついています。

まだ試していませんが、車やスチール棚に付くみたいです。

色々な場所に取り付け可能

タイが4個付いています。木や棒などに吊るせます。

ポーチに入れるとランタンとして使用可能です。

ポイント

工夫次第で取り付け箇所は無限大

アポロンテントに取り付けた一例

アポロンの前面に丁度引っ掛ける所があるので、我が家はこんな感じでアポロンに付けました。

タープポールに巻き付けても良さそうですね。

スイッチオン。

キャンプサイトが一瞬で華やかでオシャレになります。

そして想像以上に明るいです。

私が購入したタイプは電球色の360ルーメンです。

長さは1,5mタイプと3mタイプがありますが、どうせなら長い方と3mを選びました。

気になるところは?

スイッチのオンオフはありません。USBを接続すると電気が付きます。

ルミヌードル純正のモバイルバッテリーなら電源スイッチ付きですが、充電容量が4,400mAhです。携帯の充電などで使い回したい私には少し物足りないので、私は20000mAhのモバイルバッテリーで代用しています。

ルミヌードルは完全防水ですが、モバイルバッテリーは違うので設置場所に少し注意が必要です。

おわりに

ルミヌードルを付けるだけで、キャンプサイトが一段と華やかになります。

それと小さい子供は、暗闇のキャンプサイトで10m歩いただけでも自分のテントが分からなくなる場合がありますが、ルミヌードルを付けると目立つのですぐに分かります。キッズ達の道しるべにもなります。

使い方は無限大なので色々試してみたくなりますね。

賢いエレベーターとおバカなエレベーターがいますよね?

それではまた~。

オススメ記事
噂通りだった!最強LEDランタン『ルーメナー7』レビュー!

続きを見る

オススメ記事
LEDランタン『ジェントス』と『ルーメナー7』キャンプのお供にどちらを選択するか?

続きを見る

 

 

 

ランキングに参加しています。
この記事が面白かった!参考になった!と思って頂けたら下記の応援クリックをよろしくお願いします。クリックして頂くだけで投票されます。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

TwitterやInstagramもお気軽にフォローして下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      Instagram

 

 

-ランタン、照明, キャンプギア