【UCO(ユーコ)キャンドルランタン】レビュー!優しい灯りで癒しのひと時を!

2021年7月17日

オプションパーツ編

ここはらはオプションパーツ編。今回新たに2点のオプションパーツを購入してみました。

フラットリフレクター

上部に取り付けて光を下方向へ拡散させる反射板です。吊るして使用する場合は是非ほしいアイテムですね。

穴に金具をはめ込めば傘型になります。

このリフレクターは全体的に鋭利です。雑に取り扱うと指を切ってしまうこともありそうなので、特に小さいお子さんがいる方は注意が必要です。少しヤスリで削ってバリ取りしてもいいかもしれませんね。

取り付けは、先に片面の金具をはめて、取手に通してから反対の金具をはめるやり方がスムーズに付けられると思います。

少し気になるのが、素手で作業すると指紋がめちゃめちゃ付きます。

こちらが完成形。特に固定とかはなく上から被せるだけですが、金具がしっかりはまっていれば、取れることはなさそうです。

リフレクターありとなしを比べると一目瞭然ですね。光が下に反射しているのがよく分かります。

ネオプレーンケース

こちらはランタンキャンドル用のケースです。ホヤがガラス製なこともあり、心配なので購入しました。

厚みは1cm程あるので、結構しっかりしています。筒状の極厚ウェットスーツって感じです。

作りは至ってシンプルで、真ん中に切れ目があるだけでボタンやファスナー等はありません。

「こんなんでちゃんと収納できるの?」って思いますが、、、

面白い程にピッタリサイズ。

底の部分は吊り下げの金具で少し出っ張りますが、、、まぁこんなもんなんですかね~?

ピッタリサイズなので当然リフレクターは収納できませんが、かさ張るサイズではないので収納に悩むことはなさそうです。

ランタンにリフレクターとケースはあった方がいいので、今回購入したオプションパーツ2点は買っておいて損はないと思います。

純正にこだわらない方は、リフレクターもケースも他に代用品もあるので、色々探してみてもいいかもしれませんね。

キャンドルランタンをテーブルの片隅に置いて雰囲気を楽しもう!

今回はUCOのブラス製キャンドルランタンとオプションパーツのリフレクターと収納ケースのご紹介でした。

光量は弱いものの、その場の雰囲気作りには最適で、ソロキャン時や夜更けに焚き火をしながらテーブルの片隅に置くと良さそうだなぁと想像が膨らみます。

UCOキャンドルランタンはオイル化もできるようなので、余裕がある時にでも挑戦してみたいと思います。

「コツコツが勝つコツ!」と森脇健児さんが言っていました。

それではまた~。

1本の燃焼時間は約9時間。

シトラス系の香りで、虫除け効果のあるアロマキャンドルはこちら。

吊り下げて使用する場合は必須アイテムのリフレクター。

あると便利の純正収納ケース。

おすすめ記事
ガレージブランド llama(ラマ)の「ランタンスタンド ギミック」は拘りが詰まった逸品!

続きを見る

おすすめ記事
アイアン工房新商品!Stove Coaster(ストーブコースター)レビュー!

続きを見る

 

 

 

ランキングに参加しています。
この記事が面白かった!参考になった!と思って頂けたら下記の応援クリックをよろしくお願いします。クリックして頂くだけで投票されます。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

TwitterやInstagramもお気軽にフォローして下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      Instagram

 

 

-ランタン、照明, キャンプギア