ソロキャン用焚き火台 ピコグリル398 VS TABI どっちを購入するか!?

2020年11月24日

どうも、この前数十年振りに「幽幻道士キョンシーズ」シリーズを見て、キャラのあだ名がこのご時世色々と引っ掛かりそうだなぁと感じたカノカン(@shinjuku camper)です。

前回ソロキャン用の焚き火台をどれにするか検討するお話をしました。

その中から更に候補を二つに絞り込んだので、比較して最終的にどちらを購入するか決定したいと思います。

そしてその二つの候補はピコグリル398TABIになります。

ピコグリル398とTABIの比較

SPEC

ピコグリル398TABI
本体価格¥11600-¥10000-
材質ステンレスチタン、ステンレス
サイズ使用時 :385×260×2454mm、収納時 :335×235×10mm使用時:237×360×170mm、収納時:178×360×10mm
重量448g約423g(本体:約298g、側板:約29g、網:約96g)
耐荷重スピット:約8kg火床:約15㎏、網:約3㎏

この二つがどうしても決めかねています。

似てるんですよねぇ。

データで比較しても重さ、サイズにほぼ違いはないです。大きな違いとしては材質がピコグリル398はステンレス製TABIはチタン製くらいですかね。

私なりの視点で二つを比べて4戦勝負してみました。

ピコグリル398 VS TABI

1戦目 見た目の良さは!?
出典:Pikari

ピコグリル398はスタイリッシュで全く無駄がない感じですね。重心は少し高めです。

TABIはピコグリル398より若干複雑な構造になっています。重心は低めです。

これは完全に好みですが、個人的にはピコグリル398の方がカッコいいかなぁと思います。

この勝負はピコグリル398の勝ち。

2戦目 組み立て易さは?

どちらも組み立ては簡単にできそうですが、厳密にいうとピコグリル398の方が組み立ては楽で速いみたです。慣れればほぼ差はないかなぁとは思います。

この勝負は僅かにピコグリル398の勝ち

3戦目 焚き火はどちらが楽しめるか!?
出典:pikari

ピコグリル398は大きな薪も問題無く使えます。

TABIも同様大きな薪を使えます。

どちらも問題なく大きな薪を使うことができるため、焚き火もガンガン楽しめそうですね。

この勝負は引き分けですね。

4戦目 料理の使い勝手はどうか!?

TABIは火と五徳の距離が短いので、少ない薪でも火力を出せます。また距離が短いので炭を使った料理も可能です。

一方ピコグリル398は薪と五徳に若干距離があるので火力を出すのに薪を沢山使います。また距離があるので炭料理は不向きです。

う~ん、、、ここの差は結構明確にでてますね。

捉え方で変わる気もしますが、とりあえずTABIの勝ちとしましょう。

結果発表!

あまり差がない戦いになりましたが、4戦目の料理の使い勝手はどうか!?の勝負は考え方によっては真逆の結果になります。

TABIの少ない薪で火力が出せるのは一般的にメリットなんですが、私はガンガン薪を燃やしながら料理したい派なんです。

それとソロキャンで炭を使った料理をするのか?今の所する予定がありません。そう考えると私にとっては4戦目もピコグリル398の勝ちになります。

1戦目と4戦目は個人的な好みになってしまいますが、私にとっての総合結果は3勝1引き分けでピコグリル398の勝利になりました。

ということで、、、

ピコグリル398を購入しました。

結局検討した結果、人気商品を選ぶというありきたりな答えになってしまいましたが、考えた末の事なのでこれがリアルなのでしょう!

また後日詳しくレビューしたいと思います。

クリスマスに向かう今くらいの時期ってなんかいいですよね?

それではまた~。

お話の続きはこちらから

超軽量焚き火台「ピコグリル398」レビュー!

続きを見る

 

 

 

ランキングに参加しています。
この記事が面白かった!参考になった!と思って頂けたら下記の応援クリックをよろしくお願いします。クリックして頂くだけで投票されます。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

TwitterやInstagramもお気軽にフォローして下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      Instagram

 

 

-雑談, キャンプギア, その他, 焚き火関連

© 2021 新宿キャンパー