GOAL ZERO(ゴールゼロ)「Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)」は軽量・コンパクトでソーラー充電可能なライト!

2021年7月2日

どうも、ディズニーランドのトイレの場所とピザが食べられる場所は全て把握してるカノカン⁺(@shinjuku-camper)です。

今回ご紹介するのは、人気で品切れ続出の「 LIGHTHOUSE micro FLASH(ライトハウスマイクロフラッシュ)」、、、ではなく、同じメーカーのGOAL ZERO(ゴールゼロ)から「Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)」のご紹介。軽量でコンパクトに収納できるので、ソロキャンや登山用ライトとして活躍してくれそうです。ファミキャン主体の我が家でも色々と使い道を探ってみました。

Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)基本情報

本体サイズ125×125×100mm(折りたたみ時125×125×15mm)
本体重量91g
材質ABS樹脂/シリコン/リチウムポリマーバッテリー
LEDライト最大60ルーメン・カラー7色
バッテリー種類リチウムイオン電池
バッテリー容量1.85Wh(3.7V,500mAh)
連続使用時間の目安最大電力時:約3時間
低電力時:約35時間
キャンドルモード時:約3.5時間
充電時間の目安USB充電時:2.5時間
ソーラーパネル:20時間
付属品USB充電コード

Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)の詳細

早速開封して詳細を見てみましょう。

内容物は本体とUSB充電ケーブルのみです。

上部の取手は角度調整ができます。

側面に電源スイッチ。

購入時はデモモードになっているので、電源ボタンを10秒長押しして解除しましょう。

反対側の側面に充電コネクターがあります。

明るさは3段階調整可能で最大60ルーメンのLEDライト搭載。

折り畳んだまま使用すれば、広く周りを照らすこともできます。

Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)の特徴

丈夫で軽量なシリコン製のボディ

シリコンで出来たボディは提灯(ちょうちん)のように折り畳みができて、折り畳み時はわずか1.5cmの超薄型でかさ張らない。

ソーラーパネルから充電が可能

充電目安が20時間と長いものの、本体上部のソーラーパネルから電源無しで充電ができる優れもの。災害時での活躍も期待。

このソーラーの部分は私が購入したいと思うポイントでした。ちょっとワクワクしませんか?

発光パターン・発光カラーが様々

ボタン一つで様々な発光カラー・パターンに変化。

  • 明るさの調整は3段階。ボタンを押すことで切り替わります。
  • 電源ボタンを長押しすると、キャンドルモードになります。
  • 電源ボタンをダブルクリックすると、7色のカラーモードになり、グラデーション又は各色固定か切り替えられます。

ちなみに、お値段控えめで一色だけの「Crush Light(クラッシュライト)」も販売されています。私はせっかくなので7色カラーの「Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)」を選びました。

防滴仕様

アウトドアで使用するのに最低限必要なIPX4相当の防滴性能があり、多少の雨や水しぶきなら大丈夫なレベル。

気になる所

電源ボタン

電源ボタンが少し押しづらいです。爪を立てて付ける感じになってしまいます。

カラーバリエーションの使いどころ

カラーバリエーションが豊富なのはいいんですが、その使いどころが思い浮かびません(笑)キャンプでパーティーピーポーってことで間違いありませんか?

明るさ

最大でも60ルーメンなのでメインランタンとしては明るさが乏しい。同じような形、重さのルーメナー7と比べるとやや見劣りしてしまうかも?

Crush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)はソロキャンや登山用に最適?

どうしてもファミキャン目線になってしまいますが、軽量でコンパクトに収納できるこのライトは、そもそもソロキャンや登山用に最適だと思います。

ソロキャンで考えた場合、60ルーメンもあれば十分な明るさだと言えるので、テント内や料理の手元を照らすのに力を発揮してくれるでしょう。また、登山中はリュックに吊り下げてソーラー充電をしておけばエコで効率いいですよね。

我が家での使い道は?

ファミキャン主体の我が家では活躍の場が無さそうにみえますが、そんな事はありません。

確かに明るさにやや不満があるものの、テントの寝室部分なんかには丁度良さそうなので、寝室部分に吊るしたり、キャンドルモードにして足元辺りに置いておくと良さそうです。

余力があるならば2個購入してリビングのメインランタンとしても使えます。

重さ91gという軽さ、取手も子供の手にピッタリのサイズ感なので、子供用ランタンとして位置付けるのもありかと思います。

娘ちゃんはパープル、息子君はライトブルーがお好みのようです。

実際息子君は「ルイージマンション」のお化けを吸う掃除機みたいだと気に入っていて、毎晩お化け吸いに励んでいます(もちろんお化け役はアタチ、、、)

上記でカラーの使いどころが分からない!と言っちゃいましたが、例えば4個位を同じ色にして自分のサイトに置けばちょっと良い感じになりそう!とはいえ一人で4個買うわけにはいかないので、グルキャンなんかで2~3家族集まったりしたら実現可能かも?

ピンクカラーにしてベッドの四隅に置けば、なんとも妖艶なテントに早変わり?

イベントか何かで100人位が同じ色にしたら楽しそうですね~。でもそうすると絶対違う色にする人いるよね~。とまぁ想像次第ではこのカラーパターンも色々と使い道はありそうですね。

番外編

ジャバラ部分をしまう時、この状態から一気に下に力を入れると、、、

「ポンッ」

はいっ!僅か0.2秒で収納可能。そして何より気持ちがいい。ストレス解消!

※良い子はマネしないでね。

おわりに

今回はGOAL ZERO(ゴールゼロ)のCrush Light CHROMA (クラッシュライト クロマ)のご紹介でした。

ソロキャンや登山時に力を十分に発揮してくれて、ファミキャン時でもアイデア次第では色々と使い道がありそうなライトでした。個人的にはもう1個あってもいいかなぁと思うので、各種ポイントが貯まったら追加購入するのも検討中。気になる方はチェックしてみて下さい。

アニメ「スポンジボブ」ってハイセンス過ぎませんか?

それではまた~。

おすすめ記事
LEDランタン「ジェントス」と「ルーメナー7」キャンプのお供はどっちか?

続きを見る

おすすめ記事
「ルミヌードル」のLEDライトが想像以上に良かった件!

続きを見る

 

 

 

ランキングに参加しています。
この記事が面白かった!参考になった!と思って頂けたら下記の応援クリックをよろしくお願いします。クリックして頂くだけで投票されます。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

TwitterやInstagramもお気軽にフォローして下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      Instagram

 

 

-ランタン、照明, キャンプギア